はじめに 「中国で本科留学」

中国での本科留学で大学の卒業資格が取れます。

中国本科留学で夢をかなえよう!


  1. 中国で本科留学
  2. はじめに

はじめに

中国への本科留学が増えています

はじめに

経済発展を続ける中国に世界の強い関心が向けられています。それを反映して、世界中から中国に集まってくる留学生は増加の一途をたどっています。

従来は1学期から1年程度をかけて中国語を学ぶ「語学留学」がほとんどでしたが、最近では正規に大学に入学して4年間学ぶ「本科留学」も増えつつあります。

高校を卒業したあと日本の大学ではなく中国の大学に進学する高校生も増える一方です。

偏った情報

しかし、本科留学する人が増えるその一方で、ネット上での本科情報に関する情報は圧倒的に不足しています。

本科留学に関する情報の多くは留学仲介業者が発信するものですが、その最大の問題は「良いことしか書かれていない」点です。

物事には必ず良い面もあれば悪い面もあります。本科留学もそうです。とても大きなメリットがあることは事実ですが、同時に大きなデメリットもあります。

ところが、今のネット上にはメリットだけが美辞麗句に彩られて並び立てられているだけで、デメリットについての情報がほとんど流れていません。

本科留学にはデメリットもある

例えば、「中国語を身に付けて、それを武器に国際人として就職活動を戦える」。これはこれで事実です。間違いないメリットです。

ですが、身に付かなかったらどうなるんですか? 4年間をムダに過ごして、何も身に付かずに日本に帰ってきて、就職なんてできるわけがありません。

また、本科留学で「大学の卒業資格」が取れることはメリットといえばメリットです。ですがその大卒資格はあくまでも「中国の」大卒資格であり、日本の法律上は大卒として認められません。

日本の高校を卒業してから中国の大学に進学して卒業しても、日本に帰って来たら法律上はあくまでも高卒扱いなんです。このデメリットはネット上ではほとんど明らかにされていません。

本科留学しないほうが良い人もいる

私は中国留学の仲介業者です。留学手続きのお手伝いをすることで生計を立てています。みなさんが留学してくれなければ生活していけません。

1学期や1年という普通の語学留学ならば、誰かれかまわず1人でも多くの方にしてもらいたいと思っています。語学留学は必ず得るものがあります。デメリットよりもメリットのほうが圧倒的に大きいのが語学留学です。

「卒業が1年遅れるのがイヤ」といって語学留学をあきらめる大学生が非常に多いですが、1年遅れた程度で就職が不利になったりしません。訳の分からないこと言わずに、チャンスがあれば留学しろよ、と思います。

ですが、本科留学は話が別です。本科留学はメリットが出る人と、デメリットが出る人が大きく分かれます。

端的に言うと、4年間辛抱して必死にマジメに勉強できる人にとって、本科留学は非常に大きなチャンスです。

逆に、高校3年間ろくに勉強せずにすごして、地道に勉強する習慣が付いていない人は、中国に行ってもやっぱりコツコツマジメに勉強することはできません。

そういう人にとって、本科留学で得るものなんて何もありません。中国語が身に付かずに、手ブラで日本に帰ってきて、就職活動で辛い思いをするだけです。ならば、本科留学なんてしないほうが良い。

メリットもデメリットも書きます

このサイトでは、本科留学のメリットもデメリットもすべて書いています。良いことも悪いことも隠さず書いています。

みなさんの耳にとって響きの良いことも書いていますし、思わず耳をふさぎたくなるようなイヤなことも書いています。

本科留学は大きな可能性とメリットを持っています。同時にデメリットとリスクも持っています。このサイトでその双方をしっかりと理解し、本科留学が本当に自分に合うのか、しっかり判断してください。

その上で、1人でも多くの人が決意と覚悟を決めて、中国での本科留学へと踏み出してくれることを祈っています。

「中国留学情報」代表 吉野圭